就寝前のお酒・アルコールは睡眠の質の低下や依存症を引き起こす可能性あり

寝酒として毎日の就寝前にお酒を飲まないと眠ることができない方は意外と多く、実際にアルコールを摂取することで眠りに就きやすくなるかというと、少量のアルコールであれば睡眠導入としての効果があるのも事実です。

これはアルコールを摂取することで、脳内の神経に作用して鎮静効果のある「ギャバ」と呼ばれる神経抑制物質を増やす働きがありますので、神経の興奮状態がアルコールによって鎮められ入眠しやすくなるということになります。

このように言ってしまうと寝る前にアルコールを摂取することは、快適な睡眠をとることに役立ってくれると勘違いされそうなのですが、それは違います。

なぜならばアルコールを摂取しての睡眠は長くは続かず、摂取してからおよそ3時間程度経過すると体内でアルコールが「アセトアルデヒド」という毒素に分解されてしまうのですが、この「アセトアルデヒド」は、脳内の交感神経を刺激して、脳の興奮状態を作ってしまうのです。

このように入眠後にアルコールが切れて脳が興奮状態になってしまうと、眠りが浅くなって途中で目が覚めてしまう中途覚醒という不眠症状に繋がり、そこから寝ようにも脳は興奮状態にありますのでなかなか寝付けず、結果的に睡眠の質を悪くしてしまい、翌日眠気が取れなかったり、体がスッキリしないなどの症状が出る可能性が高いのです。

また少量ではなく、大量のアルコールを就寝前に飲むことで睡眠導入剤の代わりとしている方もいるようですが、これは当然のことながら快適な睡眠とは程遠い行動になり、さらに不眠症を悪化させたり、アルコール依存症になってしまうなどの危険性がある行為になります。

具体的に説明すると、アルコールの過剰摂取による入眠は、やり始めはそれで眠ることができるかもしれませんが、耐性ができてしまうことでそのうち眠りにくくなり、さらにアルコールの量が増えてしまい、気づくとアルコールなしでは布団に入ることができなくなるほどの依存症になってしまう方が多いのです。

先入観で睡眠薬を飲むのが怖いのでお酒を飲むようにしている、という方はかなりの数いると思いますが、継続することで不眠症状の悪化や、アルコール依存症による脂肪肝・肝炎・肝硬変など更なる病気の引き金にもなるということで、医療関係者からすれば睡眠薬の方がよっぽど安全性があると指摘しているぐらいです。

お酒は「ナイトキャップ」と呼ばれているぐらいですから、不眠症ではない方が寝つきの悪い時に少量のアルコールを飲んで寝るという程度であれば問題ありませんが、不眠症状を自覚しているにも関わらず、精神的にお酒に依存してしまっているという方は、適切な治療を受けるために病院などの医療機関で相談するようにして下さい。

このページの先頭へ