睡眠薬 アモバンの効果と副作用について(服用した方の口コミ・評判もあり)

アモバンはゾピクロンという一般名で、フランスのローヌ・プーランローラー社が開発し、サノフィ・アベンティス社が製造・販売している睡眠薬で、日本では1989年から中外製薬と吉富製薬が提携販売しています。

アモバンは睡眠薬で有名なハルシオンと同じ超短時間作用型の睡眠薬となりますが、ハルシオンがベンゾジアゼピン系睡眠薬であるのに対して、アモバンは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬になり剤型は7.5mgと10mgの2種類があり、ゾピコンやゾピクールという名前のジェネリック医薬品も存在します。

<アモバンの効果・作用>

最高血中濃度到達時間が50分、血中濃度半減期は3.9時間という超短時間作用型に分類されており、ハルシオンよりも即効性があるということで就寝直前に飲むようにすることと、途中で起きて活動をする必要がある時は飲まないでください。

作用の仕方は、脳の神経を鎮めて不安や緊張感を解しながらリラックス効果を与え、自然に近い形で睡眠状態に導くという、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の作用の仕方に非常に似ているのですが、成分や構造は全く異なり非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用を抑えることを目的として開発されているので、依存性も0.1%未満とも非常に高い安全性を誇ります。

他の睡眠薬では全く眠れなかったのに、アモバンに切り替えたらグッスリ眠れるようになったという報告が多いのも特徴の1つで、さらに睡眠薬によく見られるような筋肉を緩めてしまう筋弛緩作用についてもその作用は弱く、転倒などの危険性は低くなっていますので高齢者の方でも安全に服用することが可能です。

<アモバンの副作用>

アモバンの副作用なのですが、ふらつき・手足のしびれ・口の渇き・頭痛・吐き気など副作用としては多くのケースにおいて一般的なのですが、中には一時的な前向性健忘などを生じてしまう場合があったり、夢遊病のような行動をとってしまうというといった症例もアメリカでは報告されていますので、もしそのような症状が起こってしまった場合には、自分の判断で服用を中止したりせずに、必ず専門医に相談するようにしましょう。

最大の特徴としては、服用後30分程度時間が経過すると苦味を感じるようになり、その苦味は目が覚める翌朝まで続くということで、服用者の多くは副作用を医師に訴えるよりも、苦味を訴えるということが多いという特徴を持っています。

<アモバンの口コミ・評判・服用した方の感想>

10mgの錠剤を最初は半錠飲んでましたが寝付きにくく、お医者さんと相談して以降は1錠飲むようにしたのですが、そうすると逆に朝なかなか起きれないという状態になってしまいました。

私には合わない薬なのかもしれませんが、効果が短時間と聞いていたのに起きれないのはおかしいと思う。

また相談して、他の薬を処方してもらうようにしようかと思っています。


効果はあるのですが、飲んだ後眠りにつくまでと朝起きた後の苦味がつらい。

私はもう慣れましたが、飲み始めのころは飲むのを躊躇するぐらいキツかったです。


以前は「マイスリー」や「リスミー」を使っていましたが、いまいちだったのでアモバンに変更。

健忘もないですし、今の自分的には理想的と言えるほど眠れています。


飲んだ日は胃の中から上がってくるあの苦味が、翌日の昼間ぐらいまで続くので苦しい。

なぜかこれ飲んで以降は食欲が増進して、体重も飲む前より5キロも太った。


このページの先頭へ