睡眠改善薬 アロパノールの効果と副作用について(服用した方の口コミ・評判もあり)

アロパノールは、全薬工業株式会社が販売している神経症改善薬で、一般医薬品ですのでドラッグストアなどで購入ができ、錠剤タイプ・顆粒タイプ・ドリンクタイプの3種類の商品があります。

7種類の生薬を配合した抑肝散(ヨクカンサン)が、神経の高ぶりが原因で起こる不安・緊張・イライラなどを安定させる働きや、そのようなことが原因でなかなか寝付けないといった不眠症状の改善にも効果が期待でき、またホルモンバランスの乱れによって生じる更年期障害や血の道症、さらに子供の夜なき・小児疳症など小児に特有の症状にも用いることが可能です。

抑肝散とは、チョウトウコウ・サイコ・カンゾウ・トウキ・センキュウ・ブクリョウ・ビクジュツという、7種類の生薬を配合した漢方処方の一つなのですが、これらの生薬には、それぞれ異なった効果を持っていて、チョウトウコウは脳のめぐりを良くする働きがあり、サイコは熱や炎症を抑え、カンゾウは鎮痛や痙攣を抑える働きがあります。

トウキとセンキュウは共に血液循環を良くする働きがあり、ブクリョウとビクジュツには水分代謝を盛んにして利尿作用を高めます。

そしてこれら異なる効果を持つ生薬を一緒にすることで、互いに作用しあい相乗効果を得ることができるのです。

アロパノールの使用方法は、食前または食間に錠剤の場合は15歳以上1回7錠となっていて、7才以上15才未満の場合は1回5錠、5才以上7才未満1回4錠、顆粒の場合は生後3ヵ月以上2才未満の乳児も服用が可能で、15才以上1回1包、7才以上15才未満1回2/3包、4才以7才未満1回1/2包、2才以上4才未満1回1/3包、2才未満1回1/4包以下、ドリンクタイプは15歳以上で1回1瓶となっています。

アロパノールの副作用に関しては、安全性も非常に高くなっていますので心配するようなことはありませんが、稀に食欲が減退したり、倦怠感を感じてしまう場合があるという報告もされていますので、大人の方はもちろん特に小児の子供に服用させてそのような症状があらわれた場合は、速やかに医師または薬剤師に相談するようにして下さい。

<アロパノールの口コミ・評判・服用した方の感想>

学生時代から、寝苦しい時はこのアロパノールの力を借りてます。

緩やかに効いてくれて飲むと気持ちも落ち着いてくれますし、変な副作用もなく私の体質には合っています。


病院で処方されているアモバンという睡眠薬と併用して、このアロパノールも使ってます。

アロパノールだけで眠ることはできないので、眠れるようになったのはほぼアモバンの効果だと思いますが、何となく就寝前の緊張が解けている気がするのでアロパノールも少しは効いてるかもしれませんね。


薬局で販売している薬には年齢制限があるのですがこちらにはないので、私だけでなく中学生の息子もテスト期間中などの時にたまに飲んでるみたいです。

生薬配合で子供でも飲める体に優しい薬なので安心して使えますので、寝付きにくいことでお悩みの方には個人的におすすめです。


副作用もないけど実感できる効果もない。一種の願掛けみたいなものとしてたまに飲む。


このページの先頭へ