睡眠薬 ユーロジンの効果と副作用について(服用した方の口コミ・評判もあり)

ユーロジンは、一般名エスタゾラムを成分としたベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤で、武田薬品工業が独自開発し1977年に厚生労働省に認可され販売が開始され、現在では世界20カ国以上で販売されています。

錠型は1mg・2mgと散剤があり、エスタゾラムとして1~4mgを就寝前に服用します。またジェネリック医薬品としてはエスタゾラム錠「アベル」が存在しています。

<ユーロジンの効果・作用>

最高血中濃度到達時間は5時間、血中半減期は24時間と中間作用型に分類されており、ゆっくりと長く効く特徴がありますので主に寝付きが悪い方や睡眠中に度々目が覚めてしまうといった症状の方に適しています。

神経を落ち着かせストレスや不安感・緊張感を鎮め、気分を和らげるなどで自然に近い眠りを誘いますが、効果に関しては入眠作用がありませんので即効性はなく、服用後は緩やかに効果があらわれます。

中間作用時間型のベンゾジアゼピン系睡眠導入剤の中では、ロヒプノールなどと比べると効果が低くなってしまいうという点や、人によっては全く効果がないというケースもみられることから、積極的に処方されることはあまりないようです。

<ユーロジンの副作用>

主な副作用は、ふらつき・頭痛・倦怠感・脱力感などの症状が報告されており、深刻な症状としては呼吸抑制や炭酸ガスナルコーシス、好中球が極端に減少する無顆粒球症などが報告されていますが、基本的には安全性の高い薬ですので、医師の元正しく使用していればこれらの副作用はが出るケースは少ないでしょう。

またユーロジンは作用時間が長く続くため、必要以上に寝過ぎてしまうことや、通勤や通学しなければいけない方の場合は翌朝起きても眠気が残ってしまったり、頭がボーッとしてしまうなど強い持ち越し効果が出てしまうこともありますので、自分の生活には合っていないと感じた場合は主治医に相談して薬を変更してもらうと良いでしょう。

<ユーロジンの口コミ・評判・服用した方の感想>

これ飲んでも、小麦粉が入ってるんじゃないかと思うぐらい全く効果がなかったのでロヒプノールに変えてもらった。


ここ2ヶ月ぐらい頑張って早く寝ても2時間ごとに起きてしまうことが続き毎日しんどかったので、抵抗はありましたが心療内科に行ってユーロジンという薬を貰ってきました。

寝つきを良くする効果はあんまりなさそうですが、おかげさまで目立った副作用もなく6~7時間はちゃんと眠れるようになりました。

ここからは生活環境を整えるよう努力して、薬なしでも通常の睡眠をとれる状態に戻したいと思っています。


今はメイラックス1mgとユーロジン2mgを夜寝る時に飲んでますが、夢ばっかり見るし眠りが浅くて全然スッキリしません。

あと副作用だと思いますが、次の日のお昼過ぎぐらいまで頭がボーっとして、体もだるい感じで仕事にちょっと影響が出てます。


日中に積極的に体を動かすことと家に帰ってからは半身浴やホットミルクを飲むなどをして、就寝前にデパス、レンドルミン、ユーロジンを飲んで横になりますが、中途覚醒が頻繁にあるし、4時間寝れれば良い方って感じです。

自分の努力が足りないのか薬が悪いのか分かりませんが、疲れてるせいもあってちょっと不安になってきました。


このページの先頭へ