睡眠改善薬 グ・スリーPの効果と副作用について(服用した方の口コミ・評判もあり)

グ・スリーPは、一時的な不眠症の緩和に効果的な睡眠改善薬となり、第一三共ヘルスケアから販売されている市販薬で、価格は6錠で1,995円と同様の薬と比較すると少し値段設定が高いという印象を受けます。

グ・スリーPを服用して効果的な一時的な不眠症状についてなのですが、例えば翌日の早朝から大切な用事があり絶対に寝坊できないというような日に限って、目が冴えてしまってなかなか寝付くことができないなどのような症状のことを指し、そのような場合にグ・スリーPの主成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩が脳内の興奮作用ヒスタミンの働きを抑制し、眠くなるように働いてくれます。

このジフェンヒドラミン塩酸塩には睡眠作用があり、もともと風邪薬やアレルギー性のくしゃみ、鼻水などを抑制する抗ヒスタミン剤として使用されている成分で、風邪薬などを服用して眠くなる症状と同じような効果となりますが、市販の睡眠改善薬はあくまでも軽い不眠症状にしか効果はないので注意して下さい。

用法・用量は、寝つきが悪い時や浅い眠りが気になる時など就寝する前に、1回1錠を15歳以上の大人のみ服用が可能となっており、妊婦または妊娠している可能性がある方や15歳未満の方は服用しないよう気を付けて下さい。

グ・スリーPで副作用を発症する可能性はほとんどないでしょうが、胃痛・吐き気・食欲不振や口が渇いたり倦怠感を感じてしまうケースも中にはあるようで、そのような症状を自覚した場合は、速やかに服用を中止して医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

<グ・スリーPの口コミ・評判・服用した方の感想>

ここ1年で環境がガラッと変わったことが原因で、なかなか寝付けない不眠が続いていました。

私の場合はグ・スリーPを飲んで2時間ぐらい時間はかかりますが、そこからちゃんと朝まで寝れるので非常に良い薬だと思ってます。

後は運動や食べ物とかで体質改善していって、自分で不眠を改善していきたいと思ってます。


私には薬が効きすぎるのか、翌朝まで頭がボーっとして倦怠感があります。

グスリーだけでなく他の睡眠改善薬でも起こったので、やっぱりできるだけ薬には頼らないようにしないといけませんね。


薬局で見つけて2箱買って試してみましたが、全く寝れないので単なるラムネです。


ストレスからの不眠症になってしまい、病院でマイスリーなどの眠剤を渡されて飲んでいましたが、断薬するためにこちらを段階的に使用しています。

やはり眠剤よりかなり効果は落ちるので同時併用してしまう時もありますが、プラセボ効果もあるのか何もないよりかは全然マシです。


このページの先頭へ