現在の睡眠薬には依存性はぼぼないが、人によっては精神依存してしまうケースは存在する

睡眠薬を使用したことがない方の中には、「1度服用してしまうとその後はずっと飲み続けないと眠ることができなくなる」といったイメージを持っている方もいるのはないでしょうか?

たしかに30年前ぐらいに前に主流として使用されていた、バルビツール酸系の睡眠薬は依存性が強く脳への作用もあり、長期間の服用において必要以上の副作用を引き起こしてしまうというケースもみられたようです。

また飲み続けていくうちに薬に対して耐性ができて、それまでとは同じ量では効果が得られなくなるので服用量を増やすことになり、結果として睡眠薬なしでは生活できないほどの依存状態になってしまうというケースも実際にはかなりのケースで見られたようです。

ただ現在において病院などで処方されている睡眠薬のほとんどは、ベンゾジアゼピン系という種類のものが主流となっていて、この薬は長期間服用を継続した場合でも依存してしまうようなことはほとんどない非常に安全な薬とされており、また非ベンゾジアゼピン系という最新の種類の睡眠薬においても、安全性の高さが実績として認められています。

ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、以前に使用されていたバルビツール酸系とは全く異なり精神の安定を目的とした薬ということで、副作用に関しても翌日に眠気が残ってしまうことがあるという程度で、風邪薬よりも安全性が高いという見方もされています。

しかしそんな安全性の高い現在の睡眠薬を服用しているにも関わらず、依存してしまうというケースもあるようで、これは睡眠薬に精神依存してしまっていることが原因になります。

この精神依存してしまうメカニズムなのですが、これは睡眠薬が必要でないにも関らず服用しなければ眠ることができないという思い込みによって依存した状態のことを指し、この精神依存は、薬物依存症の一種になり睡眠薬による依存性ではなく、精神的不安からの精神疾患を患っている状態なのです。

このように薬に対して精神依存してしまうと、なかなか抜け出すことが難しいケースも少なからずあるようですが、医師の指示に従い、正しい用法用量で服用していればまず問題はありませんので、効き目が弱くなったからといって自分の判断で服用量を増やしたり飲む回数を増やすなど、または自分の判断で服用を急にやめるなど勝手な行動をしないように注意するればまず問題はないでしょう。

このページの先頭へ