継続的に漢方を飲むことによって不眠症の原因を取り除くという改善方法

不眠症でお悩みの方の中には、睡眠薬にはできるだけ頼ることなく改善していきたいと考えている方も多いのでしょう。

不眠症は原因によって治療法が異なるので誰にでも当てはまるというわけではありませんが、不眠症の改善に用いられている漢方薬というのも中には存在し、ここではどのような漢方薬が使われているのかを説明していきます。

漢方薬は睡眠薬のように直接脳の中枢神経に働いて眠気を促進させるというわけではなく、不眠症の原因を取り除くことを重要視していますので、睡眠薬のような即効性はないのでじっくりと継続しなければいけませんが、その代わりに漢方薬を使用するメリットとしては、睡眠薬ほど副作用や依存性はなく、安心して使える点にあるでしょう。

また東洋医学の現場では不眠症は昔から心の病気と考えられており、心に充分に栄養が行き渡ることで改善できると考えられているので、ストレスや精神的なことが原因による不眠症、うつ病やメンタル的な不調に対しても漢方薬は効果が期待できます。

では不眠症の改善として使用されている、具体的な漢方薬の種類を紹介していきます。

まず寝つきが悪くてベットに入ってもなかなか眠れない、いわゆる入眠障害の場合に効果的な漢方薬は、「抑肝散加陳皮半夏」「酸棗仁湯」という種類になり、この2つは神経の興奮を鎮めて落ち着かせる働きがありますので、イライラしていたり不安な気持ちになりながらベットに入っている方に対して自然な眠りへと導く作用があり、また「抑肝散加陳皮半夏」には胃腸を整えてくれる効果、「酸棗仁湯」には疲労回復の効果もあります。

次に、中途覚醒や早朝覚醒のように眠っている途中で起きてしまったり熟睡できないことに悩んでいる方に使用されている漢方は、「柴胡加竜骨牡蛎湯」「加味帰脾湯」という種類になり、「柴胡加竜骨牡蛎湯」は、緊張やストレスなど精神的な不安を取り除いて眠りを深くする効果があり、「加味帰脾湯」は、疲れを改善して神経を鎮める働きがあります。

不眠で使用されている代表的な漢方は以上のような感じですが、漢方は処方される前にチェックシートの記入や細かい症状を診断してから、様々な種類の漢方を調合しながら個人個人の状態に対してベストのものが処方されますので、興味がある方は漢方専門の病院や漢方相談薬局に足を運んでみると良いでしょう。

注意点として、睡眠薬を断薬する目的で漢方に切り替える場合は、自分だけの判断で今まで飲んでいた睡眠薬をいきなり止めて漢方薬を飲みはじめる行為には、症状を悪化させる危険性がありますのでしっかりと専門医に相談しながら行うこと、また既に重度の不眠症状で悩んでいる方が漢方を使用するというのはあまり適さない可能性が高いです。

このページの先頭へ