睡眠改善薬 カローミンの効果と副作用について(服用した方の口コミ・評判もあり)

カローミンは、医師の処方箋なしでも購入することができる睡眠改善薬として大昭製薬から販売されており、価格は10錠で1,029円になります。

くしゃみ,鼻水といったアレルギー症状を緩和する目的で使用されていた、ジフェンヒドラミン塩酸塩の眠くなるという副作用に着目し開発された後発品となり、ドリエルに比べると販売価格も安くなっています。

カローミンの効果としてはなかなか眠れなかったり、ちゃんと寝た感じがしないなど一時的な不眠症状の緩和に効果があり、成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩には、脳内の覚醒を高めたり維持する作用のあるヒスタミンの働きを抑えて、眠気をもよおす作用があります。

睡眠導入剤とは全く働きからも作用の強さも異なりますので、慢性的な不眠症状や睡眠症状に対しての効果は期待できませんが、翌日に重要な用事が控えていて興奮して寝付けない、緊張して眠れないというような場合に、個人差はありますが症状改善に期待できるでしょう。

用法・用量は15歳以上の大人の場合のみ1日2回就寝前に2錠となっていて、15歳未満の方の服用は禁止されていますので服用はできません。また眠れないからといって定められた以上の量を服用すると、神経が逆に高ぶってしまうことにつながったり、さらに眠れなくなってしまうケースもあるようなので、服用量はしっかりと守るようにして下さい。

カローミンの副作用としては、ドリエルなどのジフェンヒドラミン塩酸塩を主成分とした睡眠改善薬と同じで副作用の発生は少なく、稀に胃痛や食欲不振・発疹・発赤・かゆみ・吐き気・頭重・倦怠感などの症状が出てしまうことがあるようです。

抗ヒスタミン剤を含む、催眠鎮静薬・かぜ薬・解熱鎮痛薬・鎮咳去痰薬といった医薬品との併用は作用増強が起こる恐れがありますので避ける必要があることと、何度服用してもほとんど効果が感じられない場合は、服用を中止して専門医の判断を仰ぐようして下さい。

<カローミンの口コミ・評判・服用した方の感想>

病院で貰っている睡眠薬が切れて、次の診察の時までのつなぎ用で使ってますが、睡眠薬と同じような効果を期待して購入したら、失望すると思いますね。

私の場合はお守り感覚というか、何か飲まないと不安に感じてしまうので飲んでますが、薬自体の効き目はほとんど感じられませんね。


2錠では効かないので3錠飲んでますが、それでも眠りが浅いので私の体質には合ってないと思います。


ドリエルを使ってましたが、値段が安いので最近はこのカローミンを使ってます。

トイレで起きることが頻繁にあったのですが、飲んだ日は1回も起きずに朝を迎えられるので満足です。


どうしても寝れない時の頓服用として使っています。

ぐっすり寝れるのはいいのですが、胃が荒れたのと口内炎ができてしまったので、やっぱり薬に頼るのは良くないのでしょうね。


慢性的にならないように気を付けていますが、1時間30ぐらいかけて緩やかに眠くなって、そのまま自然に寝れる感じです。


全く効かない。この薬飲むぐらいならホットミルク飲んだ方がましだし体にも優しい。


このページの先頭へ