睡眠薬 ロラメットの効果と副作用について(服用した方の口コミ・評判もあり)

ロラメットとエバミールは一般名をロルメタゼパム呼び、シェーリング社とワイス西ドイツ社が共同で開発した睡眠導入剤になります。

日本では1990年にロルメタゼパムが厚生労働省に認可され、あすか製薬と武田薬品工業よりロラメット、バイエル薬品よりエバミールという商品名で販売されれており、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。

<ロラメットの効果・作用>

最高血中濃度到達時間は1~2時間、血中半減期は10時間という短時間作用型に分類され、抗不安効果に優れ鎮痛効果も高い薬になりますので、不安や緊張を和らげながら穏やかに眠気を促進する作用があり、また寝付きが悪いという不眠症状の方に適しています。

また半減期が10時間ということで、睡眠の途中で何度も目が覚めてしまうなどの不眠症状に対しても処方されることもあり、一部の睡眠薬に見られるように一時的な健忘が生じてしまうというようなケースは少なく抑えられています。

<ロラメットの副作用>

そこまで強い薬ではなく依存性も低く、副作用が出てしまうことが少ない安全な睡眠薬なのですが、それでも翌朝に眠気やふらつき・頭痛・倦怠感・めまいなどのような症状を感じてしまう場合があるのと、血液の低下や胸に圧迫感を感じるなどの報告も中にはあるので、気になる症状が発生した場合は速やかに医師や薬剤師に相談するようにして下さい。

ロラメットは安全性に関しても高く、同じベンゾジアゼピン系睡眠薬のハルシオンなどと比較しても副作用が発生する確率は低く、筋弛緩作用も弱くなっていますので未成年者や高齢者に対しても処方されることが多くなっており、肝臓への負担も少ない薬ですので、肝機能障害を患っている方や肝機能が低下した方でも服用することが可能で、そのような不眠患者には使用が推奨されています。

<ロラメットの口コミ・評判・服用した方の感想>

もともと薬に反応しやすい体質も関係していると思いますが、薬が効きすぎているせいか10時間以上寝ても次の日にまだ眠気がとれない。

このままでは仕事に支障が出るので、他の薬に変えてもらうことを検討しています。


精神的原因による不眠と診断を受けて、デパスとロラメットを処方されました。

飲む前と比べると寝れるようになったし気分も晴れやかなので、このまましばらくは飲み続けようと思います。


ロラメットだけではなかなか寝付けないためマイスリーと同時に服用するようになって、なんとかちゃんと寝れるようになってきた。


どうしても寝れない時用として処方されましたが、飲んで寝る体制をとっても実際寝れるまで何時間もかかるし、あまり睡眠の質も良いとは言いえない感じがする。


このページの先頭へ