睡眠ホルモンとも呼ばれているメラトニンの働きとその増やし方

メラトニンは、脳の松果体という部分から分泌されているホルモンで、人間が自然に眠りに就くために必要な、体温・脈拍・血圧などを低下させる働きをしてくれるということで、睡眠ホルモンとも呼ばれています。

このメラトニンは昼間の間はほとんど分泌されることなく、夕方から暗くなってくるにあたって次第に脳内に増えていき、就寝するぐらいの時間には脳内に溜まって自然に眠くなるという催眠作用を持っています。

ということで寝る時間になってもなかなか眠ることができなかったり、薬を服用する程の不眠症で悩んでいる方は、このメラトニンがしっかりと分泌されていない可能性が非常に高いのです。

そしてメラトニンは年齢と共にどうしても分泌量が減ってしまうことが多く、高齢者の方の睡眠時間が短いことや、若い頃は睡眠に何も問題なかったのに大人になって眠れなくなったなどのケースは、加齢による分泌量の減少も大きく関わっているでしょう。

また催眠作用以外にもメラトニンの主な働きを紹介すると、

・体内時計の維持や調整
・抗うつ作用
・活性酵素の除去
・ボケ、老化の防止
・免疫機能の強化

などの働きがあり自然な睡眠を得ることはもちろん、健康で快適な生活をおくるためにはなくてはならない重要なホルモンなのです。

<メラトニンの分泌を増やす方法>

ではどのようにしてそのメラトニンを増やすのかその方法を解説すると、これはセロトニンというまた別のホルモンが鍵となっています。

セロトニンに関してはこちらのページで解説しているので、その詳細は省かせてもらいますが、安定した睡眠を得るために十分なメラトニンを分泌させるには、必然的に十分な量のセロトニンが必要になるということです。

ではセロトニンなんですが、その材料となっているのがトリプトファンというアミノ酸で、こちらも詳細は別ページにて紹介していますが、トリプトファンは私たちが身近に食べている食材の中に含まれていますので、要はこのトリプトファン含む食材を積極的に食べるということが大事なのです。

より簡単に説明すると、トリプトファン→セロトニン→メラトニンという順番が重要で、トリプトファンを含む食材を食べ日中活動することでセロトニンの分泌を促すことができ、その流れで夕方~夜にかけてのメラトニンの分泌量も必然的に増えるというシステムになっています。

<サプリメントでの補給>

メラトニンの増やし方をもう1つ紹介するとサプリメントで補うという方法があり、そもそもメラトニンは欧米では栄養補助食品や睡眠薬の一種として扱われていて、ドラッグストアなどで手軽に購入できます。

日本ではそのようなサプリメントは認可されていませんが、ネット通販などを利用すれば簡単に並行輸入することができますので、不眠症を改善するためにメラトニンサプリを飲んでいるという方は、実際のところ少なくないようです。

このメラトニンサプリの効果の程なのですが、時差ぼけや睡眠サイクルを元に戻すためだったり、軽い不眠症の改善に使用されるという程度で、睡眠薬が必要なほどの不眠症状で悩んでいる方にはあまり効果は期待できないでしょう。

メラトニンサプリを飲むことによる副作用なのですが、悪夢・めまい・頭痛などがあり、そこまで深刻な副作用の症状は報告されていませんが、いまだに研究段階ということでハッキリとしたことは分かっておらず、長期服用に関して危険視している専門家もいるようです。

特にメラトニンはホルモンになりますので、妊娠を希望されている方や妊婦・授乳中の方、また成長期にある子供などは、思わぬ弊害がでる可能性もありますので、サプリでの補給は止めておいたほうが良いでしょう。

このページの先頭へ