不眠症の方は病院に行って内科・心療内科・精神科で受診を受けるのが一般的

不眠症状で悩んでいて治療のために病院に行く場合において、何科を受診すればいいのか分からないという方も多いのと思うのですが、これは不眠の症状や原因によって足を運ぶ先は異なります。

例えばストレスや鬱が原因の不眠なのに内科にかかっても正しい処置を受けられる可能性は低く、時間を無駄にしたり間違った処置によって症状の悪化を招きかねません。

自分自身がどんな原因で不眠になっているのかが明らかな人は良いのですが、初めて受診する方などは特にどの科に行けばいいのか分からないと思いますし、大学病院など大きなところでは様々な受診科がありますので、まずは足を運ぶ前に電話で自分の症状を説明したり、総合受付で相談するようにして下さい。

それでは次に、不眠症を治療するためにはどんな場所があるのかを説明していきます。

内科・神経内科
弱い薬なら処方してもらえるが、不眠症治療において一般的には専門外で的確に診断してもらえるかは難しいでしょう。

心療内科
ストレスや心の問題が原因で体に支障をきたしている場合、不眠症で悩む方が一番足を運んでいる受診科。

精神科
現在では心療内科と厳密な境界線はなかったりしますが、鬱症状や統合失調症など心療内科で受診するよりも深刻度はさらに上のようなイメージ。不眠症治療で一番最初に精神科を選ぶ方はあまり多くありません。

メンタルクリニック
患者が足を運びやすくするためにカタカナにしただけで、心療内科や精神科とほぼ同じ意味。ストレスや悩みからくる不眠症状の治療ならこちらでもOKです。

睡眠外来
心療内科や精神科と同じような治療のところもあれば、睡眠時無呼吸症候群やイビキなど呼吸器系の症状に対応しているところもあります。

不眠症の治療を受けるのであれば以上のような場所が存在するのですが、一般的に不眠症の多くの方には心療内科や精神科が当てはまるのではないかと思います。

あとは受診をする際、今の自分にはどんな悩みがあるのか、1日に何時間寝ているか、何時に寝て何時に起きているか、不眠の症状(寝つきが悪いのか・途中で起きるのかなど)、生活環境など、受診する前に自分でも再確認して正確に自分の状況を医者に伝えられるようにすることが、正しい治療を受けるためには重要です。

このページの先頭へ