不眠症を改善するためにお湯の温度や入浴時間などを工夫して入浴すること

あまり関係ないと思うかもしれませんが、実はお風呂の入り方と睡眠とは密接に関係していて、不眠症を改善するために効果的な入浴方法というのがあり、ただ湯船にお湯を溜めて入浴するというだけでもダメなのです。

ここでは不眠症の方が行ってほしい入浴の仕方を説明していきますので、忙しかったり疲れているという理由でシャワーだけで済まさないことはもちろん、これからはお風呂の入り方にもぜひ工夫するよう心掛けていきましょう。

まずこだわってほしいのがお湯の温度になり、38~40度程度の熱すぎない温度にしてください。

これは熱いお風呂に浸かってしまうと血液が上昇してしまい、脳内の交感神経が働くことで興奮状態となってしまいますので、質の良い睡眠を得るには逆効果になるからです。

また長時間お風呂に浸かってしまうのも交感神経を活発にさせるので、入浴時間は目安として20分程度と考えて下さい。

この20分ぐらいの時間の中でぬるめのお湯に浸かることで、体の表面の血行が良くなり心身のリラックス効果を得ることができます。

さらにお風呂の中に書籍をもって入ったり、防水用の音楽プレーヤーで音楽を聴くなどをすることでお風呂に入ること自体を楽しむようにすると、ストレス解消や更なるリラックス効果が得られます。

こんな入浴方法でもじわりと汗をかきますので、こまめに水分補給を忘れないことと、飲み物に精神を安定させる効果のある、カルシウムやマグネシウムが豊富に含まれているミネラルウォーターを積極的に飲むことをおすすめします。

さらに鎮静効果のあるラベンダーや、カモミールの入浴剤を入れるというのも非常に良いでしょう。

注意点として補足すると、お風呂に入る時間は遅くても就寝の1~2時間前には済ませるようにすることで、これは寝る直前に入浴してしまうと体温が上がったまま寝ることになるので、寝付きにくく睡眠自体の質も悪くなるからです。

お風呂から上がったら湯冷めしないように気を付けて、汗をかかない程度にストレッチをしたり、部屋の照明を暗めにして本を読むなども睡眠導入に繋がるのでおすすめです。

このページの先頭へ