カモミールティーやノニはリラックス効果があり不眠症の改善にも役立ちます

お茶やハーブティーには色々な種類がありますが、その中にも不眠症の改善に効果的な飲み物は存在し、特にハーブティーは療法家の間では病気の治療やスキンケアなどに昔から積極的に使用されており、ハーブには心身のバランスを整えリラックス効果があるとして、古くから不眠症の改善に一役買ってきた飲み物なのです。

数あるハーブの種類の中でも、不眠症に対して特に効果が期待できるとして有名なのが「カモミール」です。

カモミールといえばハーブティーの中でも代表的なものになり、多くの方が1度は飲んだことがあると思います。

そもそもカモミールは、ヨーロッパでおよそ4千年前から病気の治療薬として用いられており、近年ではカモミールに神経を鎮める効果があることが分かっており、カモミールティーを就寝前に飲むことで不眠症状の緩和に役立つとされています。

2つ目は「ノニ」になり、これもテレビなどでノニジュースとして紹介されることがあるのでご存じの方も多いと思いますが、ノニもカモミールと同様に気持ちを落ち着かせるリラックス効果があります。

さらにノニに含まれているスコポレチンという成分が、睡眠に必要な脳内物質のメラトニンの原料となるセロトニンを増加させる働きもあるということで、ノニは不眠症だけでなく、セロトニン不足が原因とされるうつ病の改善などにも役立ってくれる飲み物なのです。

この他には、なつめ茶、サフラン茶、ラベンダーティー、ミントティーなどの飲み物にも、リラックス効果があり不眠症改善に役立ってくれるでしょう。

注意点を挙げるとするならば、茶葉混合のハーブティーの場合はカフェインが含まれていることがありますので、必ずノンカフェインのハーブティを選ぶようにすることと、トイレに行きたくなって目が覚めないよう、就寝前に大量に飲み過ぎないようにして下さい。

ここで紹介したお茶は、どれも古くから不眠症や睡眠障害の改善に対して推奨されてきた飲み物になり、昔から長年に渡って使用されてきているので安心ですし、種類も豊富で気分に合わせて味や香りを変えることができますので、不眠でお悩みの方は就寝前に飲み始めてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ