睡眠改善薬 リポスミンの効果と副作用について(服用した方の口コミ・評判もあり)

リポスミンは皇漢堂製薬より販売されている一般医薬品の睡眠改善薬で、寝つきが悪い・眠りが浅いといった比較的軽い不眠症状の解消に効果が期待できますが、病院で処方されるベンゾジアゼピン系やバルビツール系などの睡眠導入剤などとは違い、ジフェンヒドラミン塩酸塩という風邪薬やアレルギー性のくしゃみ・鼻水を緩和する薬に配合されている抗ヒスタミン剤の眠くなるという副作用を用いた製品となっています。

ジフェンヒドラミン塩酸塩の副作用を用いた睡眠改善薬はリポスミン以外にも数多く販売されていて、どれも配合量は50mgと大きな違いはないのですが、希望小売価格は12錠1,900円となっていますが、ネット通販などお店によっては500円以下の値段で販売されているところもあり、他のジフェンヒドラミン塩酸塩を配合している睡眠改善薬よりも安く購入することが可能です。

リポスミンの使用方法は、一時的な不眠症状をかかえている15才以上の方は就寝前に1日1回2錠を限度として服用することで、幼児など15才以下の場合は服用することができませんので、その場合は代用となるハーブやサプリメントの使用をおすすめします。

睡眠改善薬は手軽に利用することができ大変便利ですが、催眠作用はあまり強くありませんので、使用する方によってはほとんど効果を感じられないという方も結構いますので、その場合は継続して使用しても効果を得られる可能性は低いと思いますので、速やかに服用を中止し医師に相談するようにして下さい。

<リポスミンの口コミ・評判・服用した方の感想>

最近プライベートでゴタゴタが続いてて寝れない日が多く、疲労もストレスもかなり溜まっている時にリポスミンを手に入れました。

飲む前は気休め程度で全くあてにしていませんでしたが、初めて飲んだ時からちゃんと寝れるようになったのが嬉しい驚きです。

あれだけしんどかった日々を思うと、もう少し早くリポスミンと出会いたかったと思うほど満足しています。


ネット通販だとドリエルとかの半額以下の値段で買えますし、寝れない時にとっても役立ってくれてます。

自覚するぐらいの副作用もありませんし、不眠気味の職場の同僚にもおすすめしておきました。


飲んだら寝れると期待していたのに寝れないから、布団の中でイライラして余計に寝れない状態になる。

次の日が眠たいだけでなく倦怠感も残ってしまうので、自分には合っていない。


2錠では何も起こらなかったから倍の4錠を1回で飲んだことあるけど、笑ってしまうぐらい効果なし。

効き目がないのはリポスミンに限らず、他の睡眠改善薬でも全く同じでいくら飲んでも何も起こらない。

効かないものをこれ以上飲んでも害になるだけで意味ないから、また睡眠薬を貰いに病院に行ってきます。


持続時間が短いのか寝つきは多少良くなるけど、途中で覚醒してしまってそこから寝るのに苦戦するのは薬を飲まない時と一緒。

寝つきだけのために継続するには財布に優しくないので、また別の方法を考えようと思います。


値段も安いし目立った副作用もなく熟睡ができるので、良い薬だと思う。

でも言葉で表現するのは難しいが、やっぱり薬を使わずに寝て起きるのとは違うというか違和感は確実にあるので、あまり常用しないよう気を付けて使っていきます。


このページの先頭へ