摂取している薬物やニコチン・カフェインなどの刺激物が原因になることがある

不眠症の原因の1つとして薬理学的なものがあり、具体的に述べると病気を治療するために服用している薬や、普段何気なく飲んでいる飲み物やタバコに含まれている刺激物が原因となってしまっているということです。

まず薬による不眠なのですがこれを薬剤性不眠といい、カルシウム拮抗薬・β遮断薬・血管拡張薬などといった血圧を下げるための「降圧剤」や、乾燥甲状腺製剤・合成T3製剤など甲状腺ホルモン合成を抑制する「甲状腺製剤」、がんの化学療法に使用される「抗がん剤」などのような薬を使用することによって、結果的に不眠になってしまうということです。

それではなぜ、前記したような薬が原因で不眠症になってしまうのかというと、薬による相互作用や副作用、ステロイドや中枢神経刺激薬などによる薬理的な原因や病気によるストレス・不安感などの心理原因、入退院を繰り返すなどの環境の変化などが原因と言われています。

次に、不眠をもたらす薬理学的な原因としては飲み物やタバコに含まれる刺激物が挙げられ、これはコーヒー・紅茶・お茶などに含まれているカフェイン、タバコに含まれるニコチンになり、このカフェインやニコチンは覚醒物質ということで睡眠の妨げになってしまうのです。

カフェインは心拍を早めて脳を興奮状態にさせてしまう物質で、摂取してから4時間程度は体内に残りますので、日中に多少の量を摂取するのであれば問題ありませんが、夜寝る前に摂取してしまったり1日に5杯以上はカフェインが含まれた飲み物を飲むという方は、不眠症をはじめ何かしらの睡眠障害を引き起こしてしまう可能性が高いでしょう。

そしてタバコに含まているニコチンについてなのですが、ニコチンは興奮物質であるアドレナリンの分泌を過剰にして脳を覚醒させてしまい、カフェインと同様に少量であればリラックスや鎮静効果もあるのですが、喫煙が日常的で就寝前にタバコを吸ってから寝るというような人は、脳や体を活発な状態させてしまっていて不眠症状や眠りの質を悪くさせてしまっている可能性が高いのです。

実際に不眠や睡眠について悩みがある方でタバコを吸っている方は、吸っていない方の4倍もいるというデータもあるようで、喫煙という行為そのものが眠りを妨げてしまう直接の原因になりうるのです。

以上、ここでは薬理学的な不眠症について紹介してきましたが、まず薬に関しては病気を治療するために服用する必要があると思いますので、眠れない旨を専門医と相談して新たな治療方針や対処法を教えてもらうことで解決するべきなのですが、カフェインとニコチンに関しては日中に少量や、一端は完全に止めてみるなどご自身の努力によってすぐにでも改善することが可能です。

このページの先頭へ