睡眠薬は作用の仕方で大きく3種類とさらに作用時間によって種類が分類されています

睡眠薬には様々な種類が存在し、その薬ごとに効果・作用する時間・副作用などが異なりますので、自分の症状に合った薬を服用するということが何よりも重要です。

基本的に薬を選ぶのは処方してくれる医者になり、処方するときに正しい使用の仕方は説明してくれると思いますが、安心して服用するために自分でも睡眠薬の違いを理解しておくということは大切なことですので、このページでは様々な睡眠薬の種類について解説していきたいと思います。

現在、日本で処方・販売されている睡眠薬は、

・バルビツール酸系(ベゲタミン、ラボナ、イソミタールなど)
・ベンゾジアゼピン系(ハルシオン、レンドルミン、リスミー、ユーロジンなど)
・非ベンゾジアゼピン系(マイスリー、アモバンなど)

という3種類に分けられます。

まず「バルビツール」酸系なのですが、これは一昔前に主流となっていた睡眠薬になり、脳に直接作用して強力な眠気を促す効果があるのですが、その一方で睡眠に関する神経以外にも強力に作用してしまいますので、摂取量が多くなると深刻な副作用が発生してしまうケースもあるということで現在ではあまり使用されることはなく、主に睡眠薬のネガティブなイメージはこの「バルビツール酸系」によるところが大きいでしょう。

次に「ベンゾジアゼピン系」なのですが、こちらは現在主流になっている種類になり、この「ベンゾジアゼピン系」は「バルビツール酸系」とは全く異なり、精神を安定させて自然に近い形で眠気を起こすという効果を持ち、また非常に安全性が高く副作用に関しても医師の指示に従って服用していれば、大きな問題になってしまう様な症状は少ないという優れた薬になります。

そして「非ベンゾジアゼピン系」は、「ベンゾジアゼピン系」に見られる筋弛緩作用や翌日の眠気や集中力の低下など副作用が発生する可能性をさらに抑えた薬になり、また断薬した時のリバウンドリスクも抑えられている種類の睡眠薬です。

また種類の違いということでさらに解説すると、睡眠薬は作用時間によっても分類することができ、作用時間の目安として「半減期」という血液中の睡眠薬の成分濃度が最高値から半減するまでの時間があるのですが、この半減期が長ければ長いほど作用する時間が長くなってきます。

作用時間による分類は、

・超短時間作用型(ハルシオン、マイスリー、アモバン、ルネスタなど)
・短時間作用型(デパス、レンドルミン、リスミーなど)
・中間作用型(ロヒプノール、エリミン、ユーロジン、ベゲタミンなど)
・長時間作用型(ダルメート、ドラール、ソメリン、フェノバールなど)

の4種類に分けられます。

「超短時間作用型」は、作用時間が2時間から4時間程度と短い睡眠薬で、主に寝付きが悪い方に用いられます。作用時間が短いので、翌朝目覚めた場合に眠気が残ってしまう(持ち越し効果)ということがほとんどありません。

「短時間作用型」は、作用時間が5時間から10時間となっていて、寝付きが悪い方や睡眠の途中で目が覚めてしまうという症状の方に用いられます。超短時間作用型に比べると翌日に眠気を持ちこしてしまう確率は高くなります。

「中間作用型」は、作用時間が約20時間程度と長く早朝に目が覚めてしまう方に用いられています。効果が長続きしてしまう為、翌朝にも眠気を残してしまうことがあります。

「長時間作用型」は、主にうつ病や精神病などが原因で不眠症になってしまった方に用いられる睡眠薬です。効果に関しては服用すると日中も持続してしまうため、自動車の運転や機械の操作などは非常に危険ですのでできません。

以上のように、睡眠薬には含まれる成分や作用時間などで様々な種類のものがありますので、自分の症状や生活に合わせたものを医師から処方を受けて、正しく使用することが重要なのです。

このページの先頭へ