断言はできなけど現在主流の睡眠薬には耐性の心配はほぼないが・・・

睡眠薬は一度服用すると依存してしまい、継続して飲み続けるうちに耐性ができてしまって効果が弱まってしまったり、効かないのでさらに服用量を増やしていかなければいけなくなって、やがて睡眠薬がないと生活ができないほど依存してしまうのではと不安に思っている方も中にもいるのでしょう。

実際のところ一昔前に処方されていた「バルビツール酸系」の睡眠薬は、実際に飲み続けることで耐性ができてしまうこともあったようで。

しかい現在主流となっている「ベンゾジアゼピン系」や「非ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬に関しては、絶対に耐性ができないと断言することはできませんが、医師の指示に従い用法・用量を守って正しく服用を続けるのであれば、効果が弱まるような耐性の心配はほとんどないとされています。

万が一、処方されているベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬が医師の指示に従って服用しているにも関わらず、効き目が弱くなってきたと感じる場合は、耐性ができてしまったと考えるのではなく、以下のことに注意してみて下さい。

・自分に処方された睡眠薬が合っていない
・自分の判断で服用量や飲む頻度を増やすなど、医師の指示に従っていない
・不眠症や睡眠障害の症状が日を追うごとに悪化している
・不眠症状を悪化させてしまうような生活習慣に陥っている

といったような原因が挙げられますので、もしも飲んでいる睡眠薬の効き目が弱くなったと感じている方は、自分の状況に当てはまっていないかもう一度確認してください。

そしてこの中でも最もありがちなのは、処方された睡眠薬が自分に合っていないケースで、これはなかなか寝付けないのか、寝ている途中で目が覚めてしまうのか、朝方に目が覚めて眠れなくなってしまうのかなど、しっかりと医師に自分の現在の症状を伝えて、その症状に合った作用時間の睡眠薬を処方してもらうことで、薬が効かずに眠れないということは解消できるでしょう。

このページの先頭へ