眠りとも深く関係して神経ホルモンの材料となるトリプトファンを解説

トリプトファンとは牛乳から発見された神経性アミノ酸という必須アミノ酸の一種で、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンといった神経伝達ホルモンの材料となります。

特にセロトニンは睡眠とも非常に深く結びついており、睡眠薬を服用するほどの不眠症やうつ病などの精神疾患を患っている方は、セロトニンを作るための材料となっているこのトリプトファンが不足していることが多かったりします。

以下に、トリプトファンの主な効果を紹介しておきます。

<トリプトファンの主な効果>

・不眠症の解消
催眠効果や神経のイライラや興奮を抑えてくれる物質の、セロトニンを作る材料となってくれる。

・老化防止
老化の原因となっている活性酵素を取り除いてくれる働きを持ち、アンチエイジング効果がある。

・鎮痛効果
慢性的な体の痛みや片頭痛などを和らたというデータが発表されています。

・月経前症候群の緩和
月経前になるとイライラしたり気分が落ち込んだりする症状を和らげる効果がある。

以上がトリプトファンの主な効果で、当サイトに訪れている方はこの中でもやはり不眠症を改善する働きに注目すると思います。

なぜトリプトファンが不眠改善に効果がるのかをさらに細かく解説すると、前述しましたがトリプトファンはセロトニンを作り出す材料になります。

そしてこのセロトニンは、脳の松果体という箇所から分泌されるメラトニンに変化する物質で、このメラトニンが不眠症を改善し自然な眠りをするために必要不可欠な物質なのです。

ですので不眠で悩んでいる方は、就寝前の眠気をしっかりと引き出すために、このメラトニンを分泌させなくてはならず、その大本になっているのが様々な食べ物の中に含まれているトリプトファンなのです。

トリプトファンをはじめ必須アミノ酸というのは体内で合成することができませんので、必ず食事の中から摂取しないといけないということで、不眠症で悩まれている方や最近質の良い睡眠ができていないという方は、このトリプトファンを含む食物を積極的に食べることをおすすめします。

<トリプトファンを多く含む身近な食べ物>

・カツオ
・マグロの赤身
・たらこ
・ゴマ
・油揚げ
・牛肉の赤身
・レバー(牛、豚、鳥)
・アーモンド
・マカダミアナッツ
・チーズ
・ヨーグルト
・牛乳
・豆乳
・バナナ
・ほうれん草
・大根
・かぼちゃ
・バナナ

トリプトファンを豊富に含む食べ物は、以上のような食材で、主に動物性たんぱく質・豆類・乳製品などにたくさん含まれています。

これらの食材だけを摂るというのは現実的ではないかもしれませんが、お菓子を食べるならナッツ類に変えたり、朝食にバナナと牛乳を食べるようにしたり、豚肉・牛肉・魚類を積極的に食べるなど、普段の食事から少しずつ意識して摂ったり、サプリメントなどで補うなどことによって不眠改善につながっていくでしょう。

このページの先頭へ