就寝しても途中で目が覚めることが慢性化する中途覚醒の原因とその改善方法を解説

中途覚醒とは一端眠りについても途中で目が覚めてしまい、再度眠ろうとしても眠りに付くことができなくなってしまう症状です。

人によっては夜間に何度も繰り返すなどこの中途覚醒が日常的になってしまうと、眠りが浅く熟睡ができていないため、どんどん体に疲労を溜め込んでしまうようになってしまいます。

中途覚醒によって不十分な睡眠が続いてしまうと、日中に強力な眠気に襲われたり、集中力が欠如して仕事や勉強など日中の活動に支障が出る、または高齢者の方に多い症状でもあるので、歩行時の転倒や車の運転などで思わぬ事故に繋がるなどの危険性があるのです。

この中途覚醒を引き起こしてしまう主な原因を挙げていくと、

・アルコール
・精神的なストレス
・無呼吸症候群

などが原因となっており、これを1つずつ解説していくと、

まず寝る前にアルコールを摂取しているという方はかなりの数いると思うのですが、実際のところ夜寝る前に少量のアルコールを飲むことで眠りにつきやすくはなるのですが、それ以上に睡眠の質を下げてしまっているのです。

アルコールを飲むことで眠くなるということは、酔いがさめてアルコールが体内から抜けてしまえば覚醒に繋がってしまうことになり、睡眠の前半は深く質のいい眠りについても酔いがさめた状態の中盤~後半にかけての睡眠は浅く、質の悪い眠りになりやすいのです。

またアルコールには利尿作用がありますので夜間頻尿にも繋がりやすく、起きてトイレに行ったもののそれ以降はなかなか寝付けないというケースも多いようです。

次に精神的なストレスや悩みを抱えてしまうと、強い不安感や緊張感を抱いたまま眠りにつくことになるのですが、人間の脳は寝ている間も活発に働いていますので、寝ているにも関わらず脳はその不安や緊張を受けたままの状態が続き、眠りの質を浅くさせてしまうのです。

またストレスは交感神経を刺激して体を興奮状態にさせてしまうということで、この状態が覚醒に繋がり、また興奮状態なために再度眠りに付くことも困難になってしまうのです。

そして無呼吸症候群なのですが、これは睡眠時に呼吸が断続的に止まることで睡眠が浅くなったり、息苦しさを覚えて目が覚めるという症状になります。

以上が中途覚醒の主な原因になりこれに対して簡単な改善法を挙げると、まず寝つきが悪いからと言って就寝前にアルコールを飲むことは止めること、ストレス解消のためにできるだけ日中に軽い運動を心がけることや、シャワーだけで済まさずにちゃんと入浴して汗をかくこと、無呼吸症候群の場合は睡眠外来などでしっかりと治療を受けるようにするということが改善につながるでしょう。

このページの先頭へ