睡眠改善薬 ヨネールの効果と副作用について(服用した方の口コミ・評判もあり)

ヨネールは米田薬品より販売されている睡眠改善薬で、寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠症状を緩和してくれる効果に期待ができ、市販でも手軽に購入できて販売価格は12錠で1,500円となります。

医療機関で処方されている睡眠薬とは違い、ヨネールは主成分のジフェンヒドラミン塩酸塩の働きによって、脳の神経細胞を興奮させるヒスタミンの働きを抑え、眠くなる作用をあらわします。

このジフェンヒドラミン塩酸塩は、アレルギー薬にも含まれていて催眠作用があるのですが、その逆に眠りを浅くしてしまうという作用も持ち合わせていますので、習慣的に服用してしまうと、睡眠の質が悪くなってしまうという場合もあるといわれているので、常用することは避けた方が良いでしょう。

またヨネールに関しての効果は大きく個人差があり、同様にジフェンヒドラミン塩酸塩を配合した抗ヒスタミン薬や風邪薬を服用した後に眠くなったという経験がある方には有効的でしょう。

しかし睡眠薬のように、飲んだら泥のように眠れるみたいな強力な催眠作用はありませんので、あくまでも単発的で比較的軽い不眠症症状に対しての応急処置となりますので、数日間使用しても全く効果を感なかった場合は、専門医に相談して服用は中止した方が良いでしょう。

ヨネールの用法・用量なのですが、15歳以上の場合は服用が可能で、1回2錠を就寝前に服用し、飲んでも寝付けないからといって過剰に服用してしまうと、症状が悪化する可能性もありますので、必ず2錠以上の服用はしないようにしましょう。

副作用に関してさほど気にするような症状はないのですが、眠気や倦怠感を感じてしまうことがあるのと、発疹や皮膚のかゆみ、胃痛などのケースが報告されているようです。

<ヨネールの口コミ・評判・服用した方の感想>

ヨネールもドリエルもリポスミンも試したけど、どれも効かなさすぎでワロタwww


寝つきが悪い時に2錠飲んでいるのですが、効果のほどは実際のところよく分からない。

ただ服用するようになってからは、枕を自分に合ったものにオーダーしたり、ラベンダーのアロマを焚いたり、寝たい時間に合わせて寝室の照明を調整していくなど、以前よりも睡眠に対しての意識が変わったことは事実でしす。

ということで、ヨネールを飲むことで眠れるようになったというよりは、眠るための環境をしっかりと整える習慣ができたことが非常に大きいことだと思う。


別に不眠症というわけでもないけど、次の日に何も予定がなくグッスリと寝たい時に使っていて、頻度としては1ヶ月に1~2回ぐらい。

花粉症の薬でも眠くなる俺にとっては効果抜群で、飲んだ日はしっかりと10時間は寝てますので、寝ることに悩みを抱えていない人でも、俺みたいな使い方はアリだと思いますよ!


急激な不眠症状に悩まされるようになったのがここ2年ぐらいの話で、最初は友達の紹介で行った病院から渡されていた睡眠導入剤を飲んでいました。

睡眠導入剤で眠れることは眠れるのですが、翌朝が非常に苦しく日中のふらつきや倦怠感が続いたので、頻度をグッと減らしてその代わりとしてヨネールを飲むようになりました。

睡眠導入剤と比べるとやはり効き目は緩いのですが、副作用もないので安心して使えるところが気に入ってます。


寝つきに関しては確かに良くなった気がするのですが、寝ている途中で起きてしまうのは服用する前と何も変わらずで、それ以降はやっぱり朝まで寝れなくて悶々とした時間を過ごしてしまいます。

薬剤師さんが、ドラッグストアで売ってるような睡眠薬はどれも効果は同じようなものと言っていたので、飲む薬を変えたとしても不眠症が改善されるとは思えないので、気乗りしませんが近々病院に行こうと思っています。


このページの先頭へ